さらプロジェクトについてABOUT US

  1. さらプロジェクトについて

こんなNPO法人組織です

平成13年3月東京都から特定非営利活動法人として認証がおりてから、さらプロジェクトは「情報技術になじみのない方たちに対して地域に根ざしたIT教育活動を行う」という理念で活動を続けてきました。
情報技術、即ちICT(インフォーメーション&コミュニケーション テクノジー)の活用によって、地域での暮らしの中で、或いは仕事の場で人々の生活が改善され新しい人との繋がりを得て心豊かに生きてゆける社会を目指して、ユーザー支援活動に取り組んできました。

平成15年度・16年度にわたり近隣3区のIT講習を実施すると共に、地域で多数のシニア情報生活アドバイザーを養成し、草の根のサポート活動、及びサポートグループ育成活動を行っていました。平成19年から21年度に掛けては杉並区において認知症予防のためのパソコン講習をはじめとし自治体向け或いは他団体向に対し高齢者や就労を目指す人達を対象とした、パソコン教習会などを開催してきました。

また平成16年11月より「障がい者の態様に応じた多様な委託訓練事業」に取り組みました。障がいのある方がこの訓練を受けることで、就業の現場で役に立つスキルを身に付け、仕事のやりがいと正当な報酬を得るお手伝いをしたいと考え、様々な就労支援活動を行っていました。

平成18年4月より「杉並区ゆうゆう四宮館協働事業」を開始し、館を地域の高齢者たちが生涯現役の活動・憩いの場となるべくパソコン教室を初めとする各種の講習会やイベントを企画実施しています。平成19年4月には「ゆうゆう高井戸東館」を更に20年4月には「ゆうゆう下井草館」の協働事業を開始しています。

また平成19年10月より千歳台で世田谷区による「IT特化型就労移行支援事業」を開始し、障がい者の一般就労に向け就労に役立つITスキルの習得や企業人として求められる基礎知識等、教育と訓練による就労支援活動を行っています。平成21年12月には池袋事業所、更に平成23年10月には秋葉原事業所を開設して障がい者の就労支援に積極的に取り組んでいます。

ミッション

従来さらプロジェクトは情報技術になじみない方たちに対して、ICTの活用によって地域で暮らす人々の生活が改善されることを目指して来ました。
新しいミッションでは、自分たちが支え合う力を地域で醸成していくことが必要と考えたとき、この力を「情報力、コミュニケーション力、共感力、主体力」としました。
ICT(=インフォメーション&コミュニケーションテクノロジー)

1なぜ「使命」が必要か

NPOは自分たちが問題と考える社会的な課題を行動によって解決していく市民活動です。
ですから使命は何かということは、なぜ組織は存在するのか、どのように社会に変革をもたらすことができるのかという、私たちの日々の活動の根源的な問いかけとなってきます。

「使命」は自発的な意思に基づき主体的に参加する個人が「そのとおり自分はこの使命のために活動しているのだ」という明確な道しるべ となってきます。

2誰がミッションを決めるのか

組織の「使命」は誰が決めるのか、さらプロジェクト内で議論されました。
「理事会である」「コアメンバーで決めればいい」などの意見が出る中で 「会員全員に呼びかけて行う」ということになり、2003年暮れから5月にかけて長計策定プロジェクトを広く会員に参加を呼びかけ、参加者全員で 討議を重ねました。

2004年10月31日11月1日に行なわれた「自己評価研修合宿」に続くクラスター 戦略会議(2005年1月16日実施)を経て、「使命」の見直しが行なわれ、冒頭のものに合意を得ることができました。

3ビジョン

組織にとって望ましい未来図、青写真。
このビジョンと現実の課題の中で計画が立てられ行動に移される。

高齢であっても、障がいがあっても納得できる人生を送ることができる社会

  • 団体概要
  • さらプロジェクトのあゆみ
  • 定礎・会員規約