さらプロ便りNEWS LETTER

  1. さらプロ通信 No.010

さらプロ通信 No.010

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■さらプロ通信■
                    No.010   2011年01月27日号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
こんにちは! 根本です。
不定期ながらお届けしている「さらプロ通信」ですが、10号を数えることが
できました。
つらつら読んでいただけていると思います。
さらプロジェクトの概要を理解していただけているかな、と思っています。

さて、今回は少しかたい内容です。

「NPO法コンメンタール」という言葉を目にしてことがありますか?
「特定非営利活動促進法の逐条解説」と副題がついた一冊の本のタイトルです。
さらプロジェクトが設立して2年目、会員さんたちと、この本をもとに勉強
会を行ったことがあります。
さらプロジェクトがNPOとして活動していくうえで、バイブルとなった一冊
でもあります。
私は、法律条文の主だった条文を読み解き、議論できたことを今も鮮明に覚
えています。何といっても、目からウロコの衝撃的な内容でした。
条文そのものも非常に奥深いものがありましたが、まえがきの部分は今読み
返しても非常に勉強になります。
迷ったとき、原点に戻ることができることはありがいことです。

特定非営利活動促進法という法律により、NPO法人の枠組みが組まれています。
この枠組みのなかで、私たちは事業を行っています。
現在、会員と雇用関係にある社員、パートにより構成されているさらプロ
ジェクトですが、それぞれの立場で、NPOに関わることを考えていただけたら
と思うことが最近あります。
ボランティア活動でもなく、一般企業の社員、パートでもない、NPOで活動す
る、もしくは働くということは、各人にとってどういう意味をもつのかを、
皆さんと一緒に考えていく機会を持ちたいとも思っています。
是非、さらプロジェクトに関わる方たちにも読んでいただきたい一冊ですが、
残念ながら、現在は絶版となっており、アマゾンあたりでは中古品にも高値
がついています。
以前、何回か各ブラットごとに勉強会を開催したこともありましたが、なか
なか集まることも難しいですし、会員以外の社員、パートの方にも知ってほ
しい内容ですので、この「さらプロ通信」で少しずつですが、紹介していく
ことができたらと考えています。

というわけで、NPO法の解説の前にこの法律の特徴から少しずつ。
まず、この法律は他の法律と違う点がいくつかあります。
1 議員立法による制定
当時の与党三党(自民・社民・さきがけ)が提案し、さらに衆議院で民主、
参議院で民友連と公明党が共同修正してできた法律です。
従来の役人が中心に作成した法律を国会で議決して成立という流れと違い、
各政党が独自の法案を提出し、さらに国会の外でも市民団体と議員のシンポ
ジウムや意見交換のなかで法案の中身に市民団体の意見が多く反映されてい
る、市民による立法の参画が実現して制定された法律であることが、大きな
特徴の一つです。

2 NPO法は民法34条の特別法
NPO法は民法34条の公益法人の特別法として位置づけられています。
わかりにくですね。
法人は、民法34条にもとづく公益法人、特別法にもとづく民法34条以外の
広義の公益法人および非営利法人、営利社団法人に分類されます。
本来ならば、民法の規定を改正すべきだったのですが、時間がかかるため
特別法にしたと言われています。
民法34条にある公益法人と特別法をすみわけをするために、
「特定非営利活動」として12分野(現在は17分野)に限定しています。

3 NPO法の精神
画一的な国や行政のやり方では限界にきている多様な価値観をもった社会の
ニーズに対し、即応するために設けられたNPOという制度です。
それは、行政を補完するという消極的な意味づけではなく、市民の自由意思
を尊重した私的自治の原則のもとで、営利を目的としない社会サービスの
供給主体としてのNPOが確固たる事業を行うこと、行政とは別の多様な価値観
を有するNPOが自立して活動することが謳われている法律です。

今後は、主要な各条文の解説をしていきたいと予定しています。
もっと早く知りたい!という方は、下記のサイトを参考にしてみてください。
URL http://www.npoweb.jp/

★さらプロ通信の内容についてご意見・ご要望はこちらまで
 riji@sara-project.or.jp

さらプロ通信━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】(特活)さらプロジェクト 理事会
【Mail】riji@sara-project.or.jp
【Web】 http://www.sara-project.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一覧に戻る