お知らせINFORMATION

フレイルってご存知ですか?(ゆうゆう下井草館)

2018/01/11

フレイルってご存知ですか?(ゆうゆう下井草館)

 フレイルとは、高齢になることで筋力や精神面が衰える状態をさす言葉だそうです。一言で言ってしまえば「虚弱」ということなのだそうです。日本老年医学会が提唱していて、高齢に伴って要介護にならないように予防していこうというものです。

 高齢に伴う筋力の低下は転倒の危険性が高まるだけでなく、からだを動かすことへの怖さから活動や運動をしなくなり、社会とのつながりも薄くなることで認知機能障害やうつ病などの精神的、心理的な面にも悪い影響を及ぼすと考えられています。

「フレイルのドミノ倒し」というのがあります。

 つまり、社会とのつながりがなくなると生活範囲が狭くなり、心も暗くなります。そして食欲もなくなり口腔機能障害が起こる、そうすると栄養が十分でなくなる。そしてからだの不調や精神的に不安定になる。最後は介助なしでは生活できなくなるという「悪循環」がはじまるというのです。

 フレイル予防は、①栄養(食と口腔機能) ②身体運動 ③社会参加(就労・レジャー・ボランティア活動など)の三つの柱をかかげて、底上げを図るというものです。

 仲間にふれ合い、語り合って、また一緒に食事を楽しくして刺激を受け、大いに笑い、たまには怒り、少々のストレスを受けながら、からだを動かすことで助けの要らない、すこやかな毎日が過ごせるのではないでしょうか。

 ゆうゆう下井草館では、現在、フレイル予防の講座を検討しています。具体化しましたらあらためてご案内しますので是非ご参加ください。

お問合せ先 : ゆうゆう下井草館 ☎03(3396)8882

一覧に戻る