お知らせINFORMATION

師走(ゆうゆう下井草館)

2017/12/01

師走(ゆうゆう下井草館)

 今年も残すところひと月弱となりましたね。

 12月は「師走」と言いますが、すべての月には異名がついています。1月を「睦月(むつき)」、2月を「如月(きさらぎ)」というように。

 12月をなぜ師走と呼ぶのかは諸説あるようですが、どの説も一応「なるほど」と思わせるものです。

 師匠や僧侶が仕事納めや仏事のために東に西に馳せる、つまり「師馳す(しはす)」という説で、これが一番耳慣れていますよね。

 このほかにも「年が果てる」=「年果つ(としはつ)」とか、「四季の果てる月」=「四極(しはつ)」とか「一年の最後に為し終える」=「為果(しはつ)」

などなどの説です。

 12月は、師匠やお坊さんでなくとも、そこはかと気ぜわしくなるのは人情ですよね。身の回りを整理整頓しなくてはとか、新年を迎えるために家中を掃除したりとか、障子を張り替えたりしなくちゃとか不思議に気が焦ってきます。

 一年のうちで一番動き回る月であることは間違いありません。

 でも、いつになく早足で歩いたりはゆめゆめしないでくださいね。転んだり、ケガをしたりすると大変ですから。「師走」こそ、慎重に、静かに動くことが肝要です。

「煤(すす)掃きの顔を洗えば知った人」なんて江戸川柳がありますが、煤掃きが終わったら「ゆうゆう下井草館」に顔を出してみてください。お友達がマッサージに来たり、休憩に来ているかもしれませんよ。お越しをお待ちしています。

お問合せ先:ゆうゆう下井草館 03(3396)8882

一覧に戻る