お知らせINFORMATION

  1. 二十四節気(ゆうゆう下井草館)

二十四節気(ゆうゆう下井草館)

2017/01/19

二十四節気

二十四節気
季節を正しく表すために、1年を24等分し、それぞれに季節の名前をつけたものです。良く知られているのは、立春、春分、立夏、夏至、立秋、秋分、立冬、冬至などがあります。
二十四節気は、もともと1年の季節を春夏秋冬に4等分にするために考えられた方法のようで、
今はちょうど「雨水」(うすい)という季節で、水もぬるみ、草木の芽が出はじめる時期を指しています。雨水の次は、ご存知の「啓蟄」で、冬ごもりをしていた虫が暖かさに誘われて地上に這い出してくる様をあらわしています。そこはとなく「春」を感じさせてくれる時期でもあります。
 気候変動などといわれる今日この頃、二十四節気を感じさせる気候とはいささかずれているようにも感じますが、みなさんはいかがでしょうか。...
 ゆうゆう下井草館では、二十四節気いつでも、ご利用者の皆さんがとてもお元気に活動されています。
 たくさんの団体活動をはじめ、ピアノ、書道、ぬり絵、パソコン、合唱、歌声さろん、ヨーガ、リトミック、折り紙などの講座も用意しています。
是非、本格的な春の訪れを機会にゆうゆう下井草館にお越しください。大歓迎です!

お問合せは、ゆうゆう下井草館まで

電話03(3396)8882

一覧に戻る